ラグビー選手として、観戦されるている人々に感動を与えられる存在を目指したい

原山 光正 選手 現役選手

2016~ コカ・コーラレッドスパークス所属

EQを受講するきっかけを教えてください。

試合中にミスが起こると切り替えが出来ない状況が続いており、競技におけるパフォーマンスを安定させたいと感じていました。また、2019年シーズンからプロ契約したこともあり、知らぬ間に結果を残さなければならないというプレッシャーも感じていたんだと思います。ストレスから日々の生活まで少しずつ支障をきたし始めていました。

ストレスを軽減するために個人的に様々なことを取り組んで来ましたが、何を試してみても変化は感じられませんでした。EQのモニターを受講した際に、「強いメンタルの構造」について理論と図解の説明を伺い、サービスの受講を決めました。受講することでメンタル面の強化とストレスに対する対処方法を習得できるという期待感がありましたし、引退後のキャリアも少しずつ考えられると感じました。

EQを受講してどのような成果がありましたか?

受講前までは、自分自身が日々トレーニングでできることをやりきれていなかったことを痛感しました。初回の学習時、これまでの人生や経験で培ってきた価値観や未来のビジョンについてヒアリングを行っていただき、最終的なゴールに向けて逆算してマイルストーンを整理をしていきました。

これまで漠然とした目標しか設定出来ていませんでしたが、正しい目標設定方法を学ぶことができ、自分自身がどのように歩んでいけば良いかという軸を手に入れることが出来ました。また、公式戦でパフォーマンスを発揮するためには、日頃のトレーニングや習慣が何よりも大切であることを身を持って体感しています。まだ、EQの理論を学び始めたばかりですが、試合中のミスをした後やストレスに対する対処方法も改善され始めました。

今後は、パフォーマンス向上のために必要な要素を学ぶことで、自分自身であらゆる状況に対処できるように心理的なスキルの習得や新たな思考をインストールし、さらに感情もコントロールできるようにしていきたいです。

今後EQをどのように活かしたいですか?

私自身の最終的なゴールは、ラグビー界においてNo.1のHO(フッカー)となることです。記憶に新しい国内で開催されたラグビーワールドカップ2019大会では、同世代の選手が活躍している姿を目の当たりにし、刺激を受けたことは間違いありません。

2023年にフランスで開催される次回ワールドカップ日本代表として戦うために、まずは現在のチームで結果を残すしかありません。ラグビー選手として気持ちの入ったプレーを通じて、観戦されるている人々に感動を与えられる存在を日々目指すため、EQでの学習を進めていきます。

お客さまの声一覧に戻る